FC2ブログ

苫小牧 → 八戸

2013年9月7日(土)
20時45分。
苫小牧で夕食を済ませたら、タクシーに乗ってフェリーターミナルに到着。
夜の北海道。港に吹きすさぶ冷たい風。なんだか急に演歌を歌いたくなります。
 
「さぁ~~~よなら あなた~ 私はぁ~~~~~帰りまぁっすぅ~~~~♪」
(↑これは北海道の歌ではないけど連絡船つながりで)
 

 
 
かなり早い時間に到着しましたが、我々の乗る「シルバークィーン」の出港は23時59分です。
かなり時間があります。もう1便早いフネに乗ってもよかったかも。
暇なのでフェリーターミナルの中をウロウロ。
 
さんふらわあ さっぽろ。
 

 
 
北海道限定「北海道とうきび茶」。買いませんでした。
ご当地ドリンク好きの「G」さん、見てますか?
 

 
 
 
我々の乗る「シルバークィーン」とは、こちらだそうです。
 

 
 
 
2階の待合所へ。
ホッキ貝がイメージキャラクターなんですね。
 

 
 
2階待合所からの眺め。
トラックがどんどん入ってきています。
 

 
 
お土産処の日本酒コーナー。
北海道では一滴も日本酒を飲まなかったことを後悔しました。
 

 
 
結局、フェリーターミナルで2時間ほど待っていたことになります。もう少しギリギリ到着でもよかったみたいですね。
23時00分頃、ようやく乗船開始です。
我々の部屋は「2等室」で、いわゆる雑魚寝ってやつですが、雑魚寝ルームも何部屋かあるのでそれほどぎゅうぎゅうと言う感じでもなく、ゆったりくつろげます。
 



 
船内にお風呂もあるし、お酒もおつまみも売ってるし、とっても快適です♪
ダンナのおごりでチューハイとか色々。
 
23時59分。出港♪
護衛艦に寝泊りするのが夢だった私ですが、それはもちろん無理なので、船で一泊っていうのはワクワクします。
出港したところを見に、甲板に出てみました。
遠ざかっていく港を見ていたら、急に北海道を離れるのが淋しいような気がしてきました。
船の旅ってこれだから不思議だ。
 

 
が、船室に戻ってみると、ダンナは大いびきで床に倒れ伏して眠っていたので、私のセンチメンタルも瞬時に吹っ飛びました。さすが元海上自衛官。いや、ダンナがどこでも眠れるのは元かららしいですが。
 
私はと言えば、フネに泊まるのが憧れだったのに、意外にすぐには眠れませんでした。
さらっさらの砂山のてっぺんに寝ている夢を見て、何度もハッとして目が覚めました。
ゆるやかにフネが揺れているので妙な感覚です。
 
 
2013年9月8日(日)
6時8分。
目が覚めたので甲板に出てみました。遠くに山並みが見えます。
 

 
 
 
ざっぱーーーーーーーーん!!寒ぅっ!!
 

 
 
まだ皆さん眠っている時間です。八戸到着予定は7時30分。
のんびりと顔を洗ったり、ストレッチをしたり、お化粧したり、身支度を整えます。
 
午前7時を過ぎたころ、船外の様子を見に行ったダンナが血相を変えて戻ってきました。
「早く!!早く来い!!早く!!」
 
ヽ(〃v〃)ノ ワ~イ♪
八戸港に到着。そこでは護衛艦がお待ちかね。
帯広駐屯地から、すぐに飛行機に乗らずわざわざ苫小牧から八戸へとやってきたのは、この護衛艦がお目当てだったわけです。
 

 

 
 
工場と護衛艦。私の好きな物だらけだ。
 

 
 
 
ちょうど入港してきた護衛艦「あたご」DDG-177。
「あたご」はけっこう色んな場所で見たり乗ったりしてます。
 

 
 
 
護衛艦「みょうこう」DDG-175。
護衛艦「あしがら」DDG-178。
 

 
 
「シルバープリンセス」の隣に接岸します。
 

 

 

 
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply