FC2ブログ

我が家のミステリーツアー その1

我が家がお出かけするときは、いつもダンナが一生懸命に計画を立てます。

ダンナ
 「いつも俺ばっかり考えてるじゃないか。アナタもたまには案を出しなさい!」
may
 「じゃあ、ロクシタンに行きたい」
ダンナ
 「なにっ?6師団に行きたい?」

と聞き間違えをしたダンナが、第6師団のある神町駐屯地に連れていってくれたことがあります。
私が行きたい場所を提案しても、だいたい却下されるので、未だにロクシタンと広島には行けてません。

そして今回もダンナが一生懸命に旅のプランを考えてくれました。


 「明日の行き先は、行ってからのお楽しみです。」

 「やったーーー!」

我が家のミステリーツアーの始まりです。

翌朝、6時頃に自宅を出発。
高崎から車で走ること約3時間、大間々駅に到着しました。
1日500円で駅前駐車場に停められます。
わたらせ渓谷鐡道に乗ります♪



私は、久しぶりに一眼レフを持ってきたのに、レンズが壊れてい使えませんでした(T▽T)
そういえばこのレンズ、神町駐屯地に行ったときから壊れているんだっけ…(何年前だ?)

券売機は妙に新しい。




改札を抜けてホームに来ました。




9時14分の列車が来ました。
と言うか、一両でも列車でいいのかな?




わたらせ渓谷鐡道って、トロッコ列車のイメージしかなかったのですが、普通の列車はあずき色なんですね。。。

車内はバスのような感じ。
切符を買わなくても整理券を取れば降りるときに精算できるシステムらしいです。






発車するときはバスのアナウンスみたいなのが流れます。
女性の駅員さんが切符を見に回ってきてくれます。




窓からの眺め。






大間々の次の駅は上神梅駅という無人駅です。
駅舎とプラットフォームが登録有形文化財に登録されたとアナウンスが教えてくれます。
この駅にもちょっと降りてみたいですねぇ。




上神梅駅から本宿駅、水沼駅と停車し、次は花輪駅です。
ここで降ります。
あずき色にうさぎのマーク?のわたらせ渓谷鐡道、ここでいったんお別れです。






のどかな花輪駅。




懐かしい雰囲気の待合室。



乗り鐵したあとは、徒歩で次の目的地へ

撮影日:2015年1月下旬
撮影場所:群馬県 わたらせ渓谷鐡道
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply